企業の安心安全宣言と環境への取り組み


日本人が商品を開発している企業に最も要求していること。
それは安心で安全な商品です。
どんなに優秀でもどんなに安価でも、
それが人体に有毒だと判断されますと誰も手に取りません。
それゆえ、企業は自社検査や第三者機関を利用して、
しっかりと自社製品の安全性をアピールするのです。

日本コーンスターチは日本でもトップレベルの
安心と安全を届ける企業として世に商品を送り出しています。
具体的にはTPM活動を導入することで、
企業の体質改善から社員教育など合わせて8項目を行っています。
また、2008年には医薬品製造許可証を取得し、
2011年には国内のコーンスターチ業としては
初のFSSC22000の認証を取得している企業なのです。
この認証は簡単に認可が下りるものではなく、安心と安全、
そして安定を十二分に備えていませんと手に入れることが出来ない認証なのです。

また、日本コーンスターチは安全と高品質以外にも
環境負荷低減を積極的に実現しているクリーンな会社でもあります。
開発したベストリムーバーは環境配慮商品の目印である
バイオマスマークを取得しています。
その他にも、乾燥用燃料をA重油から
天然ガスに変換したことによりCO2排出を30%削減成功、
有用な余剰有機資源を良質な農業生産資材へと再生化、
廃棄物0運動など数々の環境への取り組みを行っている企業なのです。

こうした取り組みはどこの企業も行っている当然のことかもしれませんが、
日本コーンスターチはきちんと社会の歯車の1つとして、
安心で安全な商品を私たちに届けてくれるのです。